--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年10月30日 (18:50)

ペンちゃんズ(その1)

元万年筆フェチ。

万年筆自体との付き合いは、中学生から習字で使い始めて
以来だから20年以上の付き合い。
そう。ナギよりず~~っと長い(笑)


変なこだわりがあって、日本製しか手にしていなかった
20代前半。
まだ田舎に住んでた頃、一日中文房具屋さんを回って
自分に合うペン先を探したっけ。


20代中旬は万年筆雑誌で一目惚れした某外国産を
電話かけて探しまくり、やっと伊東屋銀座店にあったのを即買い。
朱色の漆塗りボディ。勿体なくてほとんど使っていないので、
まだその時の漆の匂いがリアルに残る、もう骨董品のようになってる
このフランス製の万年筆。

それが当時の私にとって(今の私にとってはもっと…)は
かなりの高額だったため、以来万年筆コレクションはやめた。
冷めざるを得なかった、というか?




万年筆のペン先は、書けば書くほど自分の癖に合ってくる。
まるで、『噛めば噛むほど味が出る』昆布型人間みたいだもん(笑)


そうやって長年鍛え上げていた書き味抜群のパイロット製
を、数年前に紛失。数年探していたのだけど、どーーやっても、出てこない。
とうとう数ヶ月前、また同じ万年筆を購入しようと決断した。
「二代目」はキャップに名前を入れた。古い万年筆が見つかっても
どっちと解るように。



いっそ、ついでに・・・。そーだな。
持ったことはないという彼女に、記念に一本プレゼントしよう。
ちっとも解らないかも知れんけど(爆)まぁいいや。






その後、彼女がまさか、あんなに嵌ってしまうとは!

コメント

続きが気になる・・・

すっごく続きが気になります^^
続きはいつになるんだろう??(笑)

万年筆、自慢じゃないですが使ったことありません。

こだわり・・・

いいですねぇ・・・
私も一時は万年筆にこだわりましたが、最近は字を書く事しなくなったからねぇ・・・
良いものなら、嵌るでしょう・・・
やはり一緒に住んでいると、嗜好も似た者同士になりませんか?

(ノ⌒∇)ノ 情熱さん

オチのない、フツーの「万年筆と私たち」日記に仕上がってます。
写真を載せすぎて重くなったので、さらに二分割しました。
レスしていたら、なぜか急にお魚が食べたくなりました(二分割…三枚おろし…)


(ノ⌒∇)ノ うさぎさん

どんな万年筆を持っていたか聞きたいですヽ(゚▽゚=))ノ

あ、なります、確かに!でも傾向は変わらないようです(笑)
どちらかというと彼女は「書き味よりデザイン」に対し、私は「デザインより書き味」など。
自分の嫌な性格も、相手が似てきて・・・。生き写しの私が目の前に(汗)

コメントの投稿

真弓に こそっと言う

トラックバックURL

http://no2mayumi.blog20.fc2.com/tb.php/142-776bd7f7
プロフィール

真弓

  • 真弓
  • 女性同士の二人ぐらし事情、
    恋愛模様。
    将来のために未来のために、
    頑張っていますv
    同性愛記述多数あります、
    ご注意を。


    →→ 自己しょうかい

    * 励ましボタン *

    … ☆ …

    メールはこちらです。
書家 みつをさん
リンク
色々な言語で

Appendix


まとめ
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。